2017/9/15 今日読んだSCP SCP-1011~1013

本家SCP
2017/9/15 今日読んだSCPです。

SCP-1011 – ソビエト式工業化 http://ja.scp-wiki.net/scp-1011

オブジェクトクラス: Safe
頭部が道具一式に置き換わった労働者の像。生産活動に従事する人間がこの像を見ると、士気と充足感が高まり、長時間の自発的な労働と作業に対する集中力が増加する。この像を見れば見るほどその影響を受け、労働、睡眠、生理的欲求を満たすこと以外の動きをしなくなる。さらにはヘルメットなどの安全用品の使用を嫌がり、自らの身体のみを使うようになり、労働に適した形に身体の変形が起きる。最終的に影響を受けた集団は、仲間を建築資材として使用してしまう。

SCP-1012 – 秘密の音色 http://ja.scp-wiki.net/scp-1012

オブジェクトクラス: Keter
周波数A、B、C、D、Eと指定された5つの音から構成される和音。5つの構成音が同時に生成されると範囲内の特定の亜原子粒子に共鳴をもたらし、それぞれの構成素粒子が崩壊する。この反応は連鎖的に発生し、全ての物体が破壊され尽くすと予想されている。周波数Cはスヴァールバルクジラの歌によって生成されていたため、財団はこのクジラを絶滅させた。財団の悪行がまた1つ明らかに……。

SCP-1013 – コカトリス http://ja.scp-wiki.net/scp-1013

オブジェクトクラス: Keter
雄鶏のような頭部を持つ非常に攻撃的な小型の爬虫類。姿を見た捕食対象を麻痺状態にさせることができ、対象に噛みつくと肉体の表面すべてを石灰化させてしまう(人間なら約15分)。石灰化した部分に穴を開け、自身の体を圧縮して奥深くに入り込み内部から肉体を捕食する。対象は捕食が完了する前に失血または大規模な内臓損傷が原因で死亡する。

コメント