かわいそうなおさるのにっき SCP-3726 – 擬人巻

SCP紹介&内容整理
ホラー作品の中には「かゆいうま」のような日記形式の文章が出てくるときがあります。この日記形式の文章には独特の現実味があり、好みなのですが、SCPシリーズにも登場することがあります。今回はそんな日記形式の文章を含むSCP-3726をまとめてみます。

SCP-3726とは

SCP-3726は全300ページの革装の写本。法医学的検査で、SCP-3726の年代は14世紀まで遡ることが示されている。長期間砂の下に埋もれていたにも拘らず、発見時の写本は比較的無傷な状態だった。

 

SCP-3726の異常特性は、最低1匹の擬人化された非知的生物(SCP-3726-1と指定)と、最低1人の人間(SCP-3726-2と指定)が登場する物語が書きこまれると発現する。

SCP-3726を閉じてから再度開くと、手書きの筆跡はそのままに、物語が書き換えられる。改稿された物語はSCP-3726-1に対するSCP-3726-2の差別的な行為を記述する内容であり、例外なくSCP-3726-1にとって望ましくない結果が引き起こされている。元の物語が既にこのテーマを扱っている場合、改稿は発生しない。

SCP-3726は同一の物語に複数回の影響を及ぼし、内容を異なる筋書きに変えることができるが、出来事の流れが改変されることはなく、新しい登場人物は導入されない。

 

影響された物語に曝露した人物は、非知的生物への共感性の増大を示します。改稿後の物語がミーム特性を有するかは、現時点では分かっていない。

擬人化された非知的生物と人間が登場する物語が書き込まれると、物語は改変され、人間が擬人化された非知的生物に差別的に接する様子が記述されるようです。また、改変された物語を読んだ人物は、非知的生物への共感性の増大を示す模様。

補遺3726-A: 回収

回収時の詳細は補遺3726-Aで見ることができます。
SCP-3726は、SCP-████(2017/10/16現在、未翻訳)の調査中、カラクム砂漠の半ばほどで2体のミイラ化した死体と共に埋まっているのが発見されました。2体の死体 — 人間と、Macaca Fascicularis(カニクイザル)に似た生物 — は共に、SCP-3726を奪い合うような体勢で握りしめていました。衣服の検査は、人間の死体がかつて商人だったことを示唆しています。

 

発見当時、SCP-3726には日記のエントリ形式で幾つかの物語が綴られていました。現時点では、これらがSCP-3726の影響を受けた物か否かは不明です。物語は以下に転写されています — 綴りの間違いは修正されていません。

 

まえ かく ない

 

おさる ほん よむ かく まなぶ

 

ごしゅじん ほん は いい

 

ごしゅじん おさる ほん よむ なぐる

 

おさる ごしゅじん ねむる ほん よむ

 

おさる かく できる しあわせ

 

おさる ろぱ はなす

 

ごしゅじん いい ない

 

ごしゅじん いつも おさる と ろぱ なぐる

 

おさる わかる ない

 

おさる は かあさん つくる

 

ろぱ は かあさん つくる

 

ごしゅじん は かあさん つくる

 

かあさん つくる もの しぜん

 

なぜ ごしゅじん おさる と ろぱ なぐる

 

おさる たべもの ごしゅじん あげる

 

おさる はやい あげる

 

おさる はやい ない ごしゆじん なぐる

 

ろぱ はやい ない ごしゅじん なぐる

 

おさる は いたい

 

ろぱ も いたい

 

なぜ おさる と ろぱ なぐる

 

ごしゅじん ねむる

 

おさる こわい

 

おさる ろぱ にげる はなす

 

ろぱ いたい

 

ろぱ にげる できる ない

 

おさる はやい ない

 

おさる は こわい

 

ろぱ も こわい

 

ごしゅじん ねむる

 

ごしゅじん たべもの もつ ない

 

ごしゅじん ろぱ ころす

 

ごしゅじん ろぱ ぶぶん たべる

 

ごしゅじん おさる あげる ない

 

おさる たべる ほしい

 

ごしゅじん おさる あげる ない

 

おさる は こわい

 

おさろ は ごしゅじん おさる も たべる こわい

 

なぜ ごしゅじん いい ない

 

ごしゅじん ねむる

 

おさる にげる ほしい

 

おさる ほん ほしい

 

おさる にげる

 

おさる は こわい

 

ごしゅじん ねむる ない

補遺の続きは以下の内容でした。

後ほど、Equus Asinus(ロバ)の骨格が2体の死体から約250m離れた場所の砂中から発見されました。

日記の内容

日記の文章は”おさる”が書き手になっています。おさるが書き手という設定の創作なのか、実際におさるが書いた日記なのかはわかりませんが、補遺の情報は、発見された現場の状況と日記の内容がリンクしていることを示しています。おさるの主人は商人であり、ろばは商人の移動手段のようです。

日記の内容は少しわかりにくいので、意味が通るように補ってみました。

 

 

 

まえ かく ない 前は書けない
おさる ほん よむ かく まなぶ おさるは本を読み書くを学ぶ
ごしゅじん ほん は いい ご主人の本は良い
ごしゅじん おさる ほん よむ なぐる ご主人はおさるが本を読むと殴る
おさる ごしゅじん ねむる ほん よむ おさるはご主人が眠ると本を読む
おさる かく できる しあわせ おさるは書くことができて幸せ
おさる ろぱ はなす おさるはろぱと話す

おさるはSCP-3726を読み、読み書きできるようになったようです。このおさるのごしゅじんはおさるが本を読むことを快く思わず、おさるを殴っていたらしい。それでもおさるは書くことができて幸せだったようです。またおさるはろばと話をするようです。

 

 

ごしゅじん いい ない ご主人は良くない
ごしゅじん いつも おさる と ろぱ なぐる ご主人はいつもおさるとろばを殴る
おさる わかる ない おさるはわからない
おさる は かあさん つくる おさるはかあさんが作る
ろぱ は かあさん つくる ご主人はかあさんが作る
ごしゅじん は かあさん つくる おさるはかあさんが作る
かあさん つくる もの しぜん かあさんは自然を作る
なぜ ごしゅじん おさる と ろぱ なぐる なぜご主人はおさるとろばを殴るの

おさるのごしゅじんは善人ではなく、日頃からおさるとろばを暴行しています。おさるはそれを理不尽に感じていたようです。かあさんは造物主的存在を意味していると思われ、同じ被造物を暴行することは何故なのかと書いています。

 

 

おさる たべもの ごしゅじん あげる おさるは食べ物をご主人にあげる
おさる はやい あげる おさるは早くあげる
おさる はやい ない ごしゆじん なぐる おさるは早くない ご主人は殴る
ろぱ はやい ない ごしゅじん なぐる ろばは早くない ご主人は殴る
おさる は いたい おさるは痛い
ろぱ も いたい ろばも痛い
なぜ おさる と ろぱ なぐる なぜおさるとろばを殴るの

ごしゅじんは自身の食料をおさるに取らせていて、それが遅いという理由で暴行を加えていたようです。ろばも歩くのが遅いという理由で暴行しています。おさるは虐待の苦痛と理不尽さを書き残しています。

 

ごしゅじん ねむる ご主人は眠る
おさる こわい おさるは怖い
おさる ろぱ にげる はなす おさるとろばは逃げる話をする
ろぱ いたい ろばは痛い
ろぱ にげる できる ない ろばは逃げられない
おさる はやい ない おさるは早くない
おさる は こわい おさるは怖い
ろぱ も こわい ろばも怖い
ごしゅじん ねむる ご主人は眠る

ごしゅじんが寝ているときに、2匹は逃げる相談をしますが、ろばはケガがあるのか、逃げられないようで、おさるは早く動けないようです。2匹はごしゅじんを恐れています。

 

 

ごしゅじん たべもの もつ ない ご主人は食べ物がない
ごしゅじん ろぱ ころす ご主人はろばを殺す
ごしゅじん ろぱ ぶぶん たべる ご主人はろばの部分を食べる
ごしゅじん おさる あげる ない ご主人はおさるにあげない
おさる たべる ほしい おさるは食べ物が欲しい
ごしゅじん おさる あげる ない ご主人はおさるにあげない
おさる は こわい おさるは怖い
おさろ は ごしゅじん おさる も たべる こわい おさるはご主人がおさるも食べるのが怖い
なぜ ごしゅじん いい ない なぜご主人は良くないの
ごしゅじん ねむる ご主人は眠る
おさる にげる ほしい おさるは逃げたい
おさる ほん ほしい おさるは本がほしい
おさる にげる おさるは逃げる
おさる は こわい おさるは怖い
ごしゅじん ねむる ない ご主人は眠ってない

食料が尽きたため、ごしゅじんはろばを殺して食べてしまいます。ごしゅじんはおさるに食べ物を与えず、おさるは自分も殺され、食べられてしまうことを恐れます。恐怖のためでしょうか?おさろという誤字も見られます。おさるはごしゅじんが眠っているうちに本を奪い逃げようとします。しかしごしゅじんは眠っていなかった――。

日記の内容が事実だとすると、発見時の死体の状態から、おさるが本を盗み逃げ出したことに気づいたごしゅじんは、おさるから本を取り返そうとしておさると争い、相打ちとなって双方とも死亡したということになりそうです。

日記を書いたのは誰なのか?

日記は誰が書いたか考えてみます。まず前提として、SCP-3726の説明の部分で”元の物語が既にこのテーマを扱っている場合、改稿は発生しません。”とあることから、この日記は異常特性で改稿されたものではないとして考えてみます。

日記が書かれたままのオリジナルであるとすると、考えられるのは

  • おさるが自身の体験談を書いた
  • SCP-3726が作り出した
  • 誰かの創作

の3通りになります。誰かが創作して書いたものだとすると、この日記はいつから書いてあったのかという疑問も出てきます。

もともと日記が書き込まれていたとすると書いてあった内容が現実になったということになりますが、SCP-3726には現実改変能力があるという説明はないので、それは考えにくいと思われます。2体の死体の様子を見た誰かが書いたという可能性もありますが、わざわざそんなことをする者がいるとは考えにくいです。

となると日記を書いたのはおさるかSCP-3726ということになります。日記の最後の「ごしゅじん ねむる ない」はごしゅじんが眠ってなかったということだと思われますが、おさるが眠っていないことを知っていたら、眠るまで待ってから逃げるはずなので、おさるが書いたとは思えません。したがって日記を作り出したのはSCP-3726ではないかと思います。

SCP-3726の異常特性の目的

SCP-3726の異常特性の目的は、文章を改稿し、人による非知的生物への虐待行為とその苦しみを描写することで、虐待行為の防止を訴えているのではないでしょうか?文章を読んだ者は非知的生物への共感が高まるというのもその目的に即しています。

おさるの思いがSCP-3726に影響して日記を作り出し、この特性が生まれたのか、それともこのSCP-3726自体に意思があって、おさるのことを哀れに思い、日記を作り出し、このような現象を起こしているのかはわかりませんが、どちらにせよSCP-3726は虐待行為の防止を目的としているように思います。

おわりに

SCP-3726はいかがでしたでしょうか?
おさるがかわいそうでしたね(´;ω;`)

SCP-3726 – AnthropomorFic
by Flawed
www.scp-wiki.net/scp-3726
ja.scp-wiki.net/scp-3726
この記事の内容は『クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承3.0ライセンス』に従います。

 

コメント