SCP財団とは?基本事項をまとめてみました。

財団用語

SCP財団は、初めて読む人には、何のサイトでどういうことが書いてあるのかわかりにくいと思います。ここでは内容を理解するうえで重要な基本事項をまとめてみました。

※2018/1/27カノンについて追記。

※2018/11/14カノンについてマッケンジー博士の用語集等追記。

SCP財団とは?

SCP財団はシェアード・ワールド共同創作サイトです。シェアード・ワールドというのは、同一の世界観・設定を共有して創作する作品群のこと。SCP財団では、SCP財団という架空の組織が存在するという設定に基づき、サイトの参加者によって創作された作品を読むことができます。

SCP財団は、サイトの参加者によって一定の評価を得られた作品が掲載されています。

SCP財団の基本設定

SCP財団の基本的な設定は、異常な物品、存在、現象を封じ抑え込むことを任務とするSCP財団という組織が、秘密裏かつ世界規模で活動を行っているというものです。SCP財団の任務は確保(Secure)、収容(Contain)、保護(Protect)の3要素からなります。

SCP財団とは – SCP財団」では、どういった組織で何をしているのかという基本的な設定を読むことができます。「SCP財団とは」による説明は以下のようになってます。

財団は異常な物品、存在、現象を封じ抑え込むことを任務として、秘密裏かつ世界規模での活動を行っています。それらの異常存在は世界の安全に対する重大な脅威であり、財団の活動は主要各国の政府から委任され、管轄権を越える権限を認められたものです。

財団の活動は正常性を維持するためのものであり、世界中の一般市民が異常に対する恐怖や疑念を抱くことなく日常を生きることができるよう、地球外、異次元、その他の超常的存在が及ぼす影響からの人類の独立を維持します。

作品の形式

SCP財団の各作品は、異常な物品、存在、現象(SCPオブジェクトと呼称)の封じ込め方法を示すために財団によって作成された報告書という形式で書かれています。基本的には、アイテム番号、オブジェクトクラス、”特別収容プロトコル”(Special Containment Procedures , SCP)とSCPオブジェクトの説明から構成されています。詳しくはSCP財団とは – SCP財団をご覧ください。

オブジェクトクラスは、主にSCPオブジェクトの収容難度と危険性を示しています。詳しくはオブジェクトクラス – SCP財団をご確認ください。

カノンについて

カノン(Canon)とは本来は宗教における正典を意味する英語で、そこから転じて英語圏では創作作品の公式設定を意味する言葉としても使われます。

SCP財団でも、SCP財団の基本となる共通設定をカノン(基本カノン)と呼んでいます。サイトの右上にある「SCPの世界観」というタブにあるものがカノンとなりますが、各SCPやTaleはカノンではないとされています。従って各SCPやTaleに出てくる設定に関して、その設定を採用するかしないかは、作者や読者が自由に決めて良いことになります。

そのため、あるSCPの内容が他のSCPと矛盾していても問題ないとされます。ただSCPの世界観からあまりに逸脱したものや不合理なものは低評価となり削除されるようです。

カノンではない、SCP作品やTaleに出てくる設定や、作者・読者が持っているSCPの設定や解釈はヘッドカノン(脳内設定)と呼ばれることがあります。

マッケンジー博士の用語集には以下のように書かれています。

canon (カノン) – サイト・メンバーの大多数に広く認められている情報やオブジェクト、慣例あるいはイベントです。SCP記事それ自体は通常カノンとは見なされず、SCP記事を書く際の「そこにカノンは存在しない」というフレーズに繋がります。筆者は通常、特定の記事の範囲内においては何を無視しようが、否定しようが構いません。しかし、S/E/Kのオブジェクトクラス、機動部隊、O5評議会のような構成概念は、否定されてはならない財団の普遍的側面です。また、カノンハブで概説されるように、「カノン」はオルタナティブ・ストーリーを意味する用語としても用いられます。

FAQ(EN翻訳版)では以下のように書かれています。

どうしてこんなに矛盾があるの?カノンって何?

SCP財団は矛盾の上に構築されています!本サイトには数多くの「カノン」があり、完全に正しい解釈はありません。唯一の例外はある特定の、(1)読者に受け入れられているものから非常に”ズレた概念”(2)愚かで間違った方法である場合です。

作中世界における解釈としては、財団は防諜のために、虚偽と矛盾を含むSCP報告書を「公開」版とすることがありえるとしています。

また、FAQではこう書かれています。

Q: “カノン”ってよく聞くけど、どういう意味?

A: 簡単に言えば一般的に認められている共通の設定です。財団はカノンです。各SCPはカノンではありません。つまりあなたは他のSCP記事と矛盾する内容を書いてもいいってことです。ただそれがあまりにも我々の構想からかけ離れていたら、マイナス評価されて忘れ去られてしまうでしょう。

用語説明へのリンク

マッケンジー博士の用語集 by Aelanna
FAQ by TheDuckman
http://www.scp-wiki.net/faq
 

 

財団用語
スポンサーリンク
scpnoteをフォローする
SCP読書ノート

コメント