閲覧注意の恐怖映像 SCP-895 – カメラディスラプション

SCP紹介&内容整理

SCPシリーズには恐怖心を煽る恐ろしい画像や不気味な画像が登場することがあります。その中でも特に印象に残ったSCP、SCP-895 – Camera Disruption(カメラディスラプション)by Aelannaを今回は紹介します。

SCP-895とは

SCP-895は、飾り立てたオーク材の棺。オブジェクトクラスはEuclid。

█████ █████霊安室の監視カメラに異常な映像が映っているとの報告の後の調査で、██/█/██にSCP職員が回収した。霊安室のスタッフはSCP-895がどこからどのようにして持ち込まれたのか判らず、現地のエージェントはSCP-895が空であることを確認している。しかし、ライブカメラで監視していた職員は[削除済]が映っていたと報告している。

追って通知があるまでは、常にSCP-895は閉じたままにしなければならないとされている。

 

SCP-895はその50メートル以内にあるビデオやカメラの映像を崩壊させ、SCP-895までの距離に応じた長さと間隔で、鮮明で不穏な幻覚を映す。5m以内でSCP-895を撮影した映像を見ると、大抵の被験者は深刻な精神障害を引き起こしヒステリーになる。この現象は範囲内に物理的にいる観察者には影響を与えない。

SCP-895は地下およそ100mに隔離された収容室に封印されている。特別収容プロトコルはカメラ、マイク、その他記録装置を”レッドゾーン”と呼ばれる10m以内に運ぶときは許可を得た上で2人以上のLevel3の職員を同行させること、当サイトの職員が少しでも異常行動や精神障害の徴候を見せた場合は即座に検査し、サイトから隔離するか状況によっては殺処分することが定められている。

恐怖動画製造機ですね……。SCP-895の異常効果は以下の音声抜粋を読むとよくわかります。

補遺895-01:SCP-895の回収記録(██/█/██)から音声抜粋

03:41L – 指揮官: チーム1、こちら指揮官。全ての一般職員の出入りを制限、退避させた。君たちは中に入り中身の確認をしてくれ。
03:41L – T1リーダー: 指揮官、こちら1リーダー。了解、入ります。
03:43L – T1リーダー: ロビーに到着。映像の確認お願いします。
03:44L – 指揮官: チーム1、こちら指揮官。映像では…[少しの間]…壁が血まみれだ、確認してくれ。
03:44L – T1リーダー: 確認できません、指揮官、ここは綺麗な状態です。なんの変化もありません。
03:45L – 指揮官: …消えた。チーム1、ミーム的影響が発生している可能性があるので注意せよ。
03:45L – T1リーダー: 了解、指揮官。チーム1はこれより保管区域に侵入する。
03:47L – T1リーダー: 保管区域到着、オブジェクトを確認。
03:48L – 指揮官: む、動いたな…チーム1、確認してくれ。オブジェクトは生きて動いているようだ。
03:48L – T1リーダー: …指揮官、確認できません、動いているようには見えません。オブジェクトは通常通りです。
03:48L – T1リーダー: 2、それを開けろ。
03:48L – 武器を構える音に続いてSCP-895が開く音。
03:49L – T1-2: リーダー、中は空です。
03:50L – T1リーダー: 指揮官、こちら1リーダー。オブジェクトには何も入っていません。
03:51L – T1リーダー: 指揮官、聞こえますか?
03:51L – 指揮官: 叫び声と嘔吐の音。
03:51L – T1リーダー: 指揮官、聞こえますか、応答してください?!
03:52L – T1リーダー: くそ、ここから出るぞ。それは閉めておけ!

 

補遺895-02: 事件[削除済]および3名の人員喪失のため、SCP-895のレッドゾーンが5mから10mに拡大され、用心のため保全員のシフトを4時間に減らしました。

収容エリア895-06のライブ映像(30m範囲)

SCP-895には、収容エリア895-06のライブ映像が表示されています。”鮮明で不穏な幻覚”がどういうものかはこちらで確認できます。

見ると危険なものを何故表示するのかと思ってしまいますが、30m範囲からの映像は有害ではないということから、見えるようにしているものと思われます。

怖くて見られない方向けにどんな映像か解説すると、映像には、左右に通路がある地下の収容室の一角が映し出されており、収容エリアの壁には立てかけられた棺が設置されています。右下には現在時刻が表示されています。

最初は特に異常なものは映り込んでいませんが、しばらくすると急に照明が消え、再び照明が点灯するとそれまでにはなかったものが映ります。そしてまたしばらくすると再度照明の明滅が起き、特に異常のない最初の映像に戻ります。

映り込むものは全部で7パターン

映り込むものは全7パターンあり、以下の順で表示されます。

  • 左の通路の周りの壁面に血しぶきのような血痕が現れる。
  • 右の通路側の床に血だらけの男の死体と壊れた板が現れる。
  • 閉じていた右の赤いドアが開いていて、誰かが立っている。
  • 収容室の壁面に血で書かれたような「GET OUT」(出ていけ)という文字が現れる。
  • 収容室の左に置かれた椅子の上に切断された男性らしき人の頭部が現れる。
  • 床に魔法陣のような赤いサークルが描かれる。
  • 床に大きな穴が生じる。

全パターンをまとめた画像

全パターンをまとめた画像があったので掲載します。

 

scp-895
SCP-895 https://namu.moe/w/SCP-895 一番左上が初期映像。

 

画像の元ネタ

画像の元ネタはLook beneath the surface of these incredible underground homes内に出てくる、住居に改装されたミサイル基地の画像のようです。

おわりに

SCP-895でした。びくびくしながらも見入ってしまいますね。棺の中は一体どうなっているのでしょうか?

ちなみにSCP – Containment BreachというSCPを基にしたフリーゲームにもSCP-895が登場します。ゲーム中ではSCP-895を撮影している監視カメラのモニターを長く見るとプレイヤーは死んでしまいます。


http://ja.scp-wiki.net/scp-895 / http://scp-wiki.net/scp-895を基にした本記事の内容は
クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承3.0ライセンスに従います。


 

コメント