僕らは イヌだぞ 元気だぞ SCP-070-JP わんわんらんどと犬ではないなにか

わんわん SCP紹介&内容整理
わんわん

SCP財団らしい都市伝説的な恐怖を感じるSCP、SCP-070-JP – わんわんらんどと犬ではないなにかを紹介します。

SCP-070-JPとは

SCP-070-JPは、████県████市内の集合住宅に存在する、██████号室の床下に入る為のメンテナンスハッチ。オブジェクトクラスは Safe。SCP-070-JP内に侵入すると、SCP-070-JP-1と指定される廃墟に移動する。SCP-070-JP-1内部は一見すると木造だが、屋内の家具やガラス窓も含めて、内装や壁面を破壊する方法は現在発見できていない。

SCP-070-JP-1におよそ5分以上滞在すると、SCP-070-JP-2と指定される存在が出現する。SCP-070-JP-2は複数人の男女の歌声とともに出現し、SCP-070-JP-1内の人間を襲撃する。SCP-070-JP-2を撮影する試みはすべて失敗しており、その外見については「犬じゃない」「大きい」「犬に似ている」という感想しか判明していない。

大きな、犬じゃないけど犬に似たナニか……。かなり不気味ですね……。

Dクラス職員に持たせた追跡装置から、SCP-070-JP-1は████県████市郊外に位置する犬専門大型ペットショップの跡地(200█/11/██に倒産。財団所有の不動産会社が、現在の所有者です)であることが判明した。しかし、ペットショップ跡地に人員を配置しても、SCP-070-JPからSCP-070-JP-1に侵入した職員を発見することができないため、SCP-070-JP-1はペットショップ跡地と同じ間取りの異空間だと考えられている。また、SCP-070-JP-2が出現すると、SCP-070-JPが開かなくなる。

現れたら逃げられないようです。

SCP-070-JPとSCP-070-JP-1の関連性については、犬専門大型ペットショップを経営していた男性がSCP-070-JPから床下に入れるであろう部屋に居住していたこと以外、一切不明。なお、元所有者の男性についてはペットショップの倒産後[編集済]となっており、SCP-070-JPとの関連は低いと考えられている。

特別収容プロトコル

特別収容プロトコルは以下のようになっている。SCP-070-JPは常時施錠して封鎖する。SCP-070-JPに隣接する部屋には、財団職員が複数人居住し、いかなる時間帯でも最低一人は室内に滞在する。

SCP-070-JPを解放してSCP-070-JP-1に侵入する場合は、レベル3以上の職員の許可を得る必要がある。SCP-070-JP-1内部の調査を目的とする場合は、3分以内にSCP-070-JPを通じて退出する。

5分経つと出ちゃいますからね……。

SCP-070-JP-2との接触を目的とする場合は、通信機器や位置追跡装置など、適切な装備をしたDクラス職員を侵入させ、侵入後はSCP-070-JPを施錠する。複数人から成るチームでの侵入を行う場合は、レベル4以上の職員3人の許可を得る必要がある。

補遺

補遺では探査ログを読むことができる。

探査ログ:070-JP-BB-1
対象:SCP-070-JP-1
探査者:D-32414
「よーし、中に入った…どこだろうな、ここは」
 
「見えるものを説明しろ、だったな…えーと、まず俺が出てきたのは店みたいなところだ。カウンターの裏側の、小さな扉から出てきた」

「店の中には棚と、檻がいくつか並んでる。棚はだいたい割れてるし、檻も蓋が開いてるな」

「正面にはドアがあって、右手の方に窓がある。窓に近づく」

「窓の外は…結構な田舎だな。店の隣には草ぼうぼうの庭と畑があって、道路が見える。片側一車線だ。あと…看板かな?店の敷地にポールが建ってる」

「えーと、かなり錆と汚れが付いていて読みにくいが…『わんわんらんど』って書いてあるな。全部平仮名だ。あとは、空が晴れてるぐらいしか見えない」

「あ、センセイ。今気が付いたが、俺が出てきたカウンターの横の方に階段があった。どうやら二階があるらしい」

「階段は、埃が積もってるけどそこまで古くはなさそうだ」

「うん、行ける行ける。上の階に上がってみる」

「もうすぐ踊り場だ。やっぱり意外と頑丈な階段だ」

「…なんだ」

「何かいる…何か二階にいる…」

「あまりよく見えなかったけど、犬みたいだ…」

「分かった、もう一度見てみる…じっとしてる…」

「動いた!」

「ああ!早い!あいつ犬じゃねえ!犬なんかじゃねえ!」

「おい、開けてくれ!来る!早く開けてくれ![削除済]!!開けろ!」
[この時点で、SCP-070-JPの前に待機していた職員がD-32414の救出を試みたが、SCP-070-JPを開くことはできなかった]
「あああ!いる!開けてくれ!後ろに!開けて!」

(27秒間沈黙)

「ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン」

補足:以下、通信機のバッテリーが切れたと思われる4時間後まで、D-32414は『ワンワンワン』というフレーズを繰り返していた。追跡装置の情報から、D-32414は████県████市郊外の犬専門大型ペットショップ跡地に移動したことが判明した。

着いた場所はかなりの田舎のようです。ペットショップは2階建てで『わんわんらんど』という名前のようです。2階にはSCP-070-JP-2がいる模様。SCP-070-JP-2に襲われたD-32414は『ワンワンワン』とバッテリーが切れたと思われる4時間後まで、繰り返しています。

SCP-070-JP-2に襲われると精神が犬になってしまうのでしょうか?
 
探査ログ:070-JP-BB-2
対象:SCP-070-JP-1
探査者:D-42671
探査前情報:SCP-070-JP-1と関係があると推測される、████県████市郊外の犬専門大型ペットショップ跡地に武装した職員4名をあらかじめ配置した。
「中に入った…映ってる?」
 
「はい、カウンターの内側に出てきました。中は…ペットショップだったのかな?左の壁に棚が並んでいる」
 
「窓?あるけど…了解、近づいてみます」
 
「はーい、外の景色です…かなりの田舎だなあ…鍵は…錆びてるのか、動きません」
 
「ん?あれは看板かな…『わんわんらんど』…これで、映ってるかな?」

「ん?」

「今、音がしたような…」

「あ、二階あるんだ。上に上がってみる?」

「え?一階の調査がすんでから?まあ、いいけど…」

「じゃあ、次は檻を映しまーす。どれも全部空で、蓋も開いてます」

「ん、少しだけ犬の臭いが残ってる気がします」

「ここの棚はペットフードを並べてたんでしょうね…そして玄関のドアは…鍵がかかってるのかな、開かない…ん?」

「…え?」
[この時点より、カメラからの映像は画面に向けて手を振る犬のアニメーションに変化した]
「なにあれ?え?」

「ちょっと、やめて。え?」

「ドア開かない!ねえ、開けてよ!ここ開けてって!」

「やだやだやだやだやだ!」

「窓、窓から…」

[27秒沈黙]

「ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン」

(以下、カメラからの映像と音声に変化はなく、バッテリーが切れたと思われる四時間後まで続いた)
補足1:████県████市郊外の犬専門大型ペットショップ跡地に配置していた職員は、D-42671及びSCP-070-JP-2の出現を確認できなかった。

補足2:音声記録を調査したところ、SCP-070-JP-2の出現以前から観測されていた歌声に、D-32414のものと思われる男性の声が加わっていることが判明した。

2回目の探査でもSCP-070-JP-2が出現し襲われています。やはりドアは開かず逃げられません。1回目に探査を行ったD-32414が歌声に加わっています。D-32414はSCP-070-JPの異常性に捕らわれたようです。

SCP-070-JP-2が何なのかよくわかりませんが恐ろしい作品でした……。

あれ?

反転すると何か書かれている?

どれどれ……。

隠しメッセージ

探査ログ:070-JP-BB-1
対象:SCP-070-JP-1
探査者:D-32414
「よーし、中に入った…どこだろうな、ここは」

「見えるものを説明しろ、だったな…えーと、まず俺が出てきたのは店みたいなところだ。カウンターの裏側の、小さな扉から出てきた」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「店の中には棚と、檻がいくつか並んでる。棚はだいたい割れてるし、檻も蓋が開いてるな」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 寒さになんか 負けないぞ

「正面にはドアがあって、右手の方に窓がある。窓に近づく」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「窓の外は…結構な田舎だな。店の隣には草ぼうぼうの庭と畑があって、道路が見える。片側一車線だ。あと…看板かな?店の敷地にポールが建ってる」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ お腹が減っても 負けないぞ

「えーと、かなり錆と汚れが付いていて読みにくいが…『わんわんらんど』って書いてあるな。全部平仮名だ。あとは、空が晴れてるぐらいしか見えない」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「あ、センセイ。今気が付いたが、俺が出てきたカウンターの横の方に階段があった。どうやら二階があるらしい」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 靭帯切れても 頑張るぞ

「階段は、埃が積もってるけどそこまで古くはなさそうだ」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「うん、行ける行ける。上の階に上がってみる」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 水の中でも 元気だぞ

「もうすぐ踊り場だ。やっぱり意外と頑丈な階段だ」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「…なんだ」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 両手はいらない 犬だもの

「何かいる…何か二階にいる…」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「あまりよく見えなかったけど、犬みたいだ…」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 一日縄張り 監視中

「分かった、もう一度見てみる…じっとしてる…」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「動いた!」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 寂しくないぞ みんないる

「ああ!早い!あいつ犬じゃねえ!犬なんかじゃねえ!」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「おい、開けてくれ!来る!早く開けてくれ![削除済]!!開けろ!」

[この時点で、SCP-070-JPの前に待機していた職員がD-32414の救出を試みたが、SCP-070-JPを開くことはできなかった]僕らは イヌだぞ 元気だぞ お腹が減っても 負けないぞ

「あああ!いる!開けてくれ!後ろに!開けて!」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

(27秒間沈黙)

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

探査ログ:070-JP-BB-2
対象:SCP-070-JP-1
探査者:D-42671
探査前情報:SCP-070-JP-1と関係があると推測される、████県████市郊外の犬専門大型ペットショップ跡地に武装した職員4名をあらかじめ配置した。

「中に入った…映ってる?」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「はい、カウンターの内側に出てきました。中は…ペットショップだったのかな?左の壁に棚が並んでいる」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 泥棒猫は どこにいる?

「窓?あるけど…了解、近づいてみます」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「はーい、外の景色です…かなりの田舎だなあ…鍵は…錆びてるのか、動きません」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ わんわんらんどは 僕の家

「ん?あれは看板かな…『わんわんらんど』…これで、映ってるかな?」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「ん?」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ イヌじゃないぞ 僕たちは

「今、音がしたような…」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「あ、二階あるんだ。上に上がってみる?」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ ご飯はいらない イヌだもの

「え?一階の調査がすんでから?まあ、いいけど…」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「じゃあ、次は檻を映しまーす。どれも全部空で、蓋も開いてます」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 元気じゃなくても 元気だぞ

「ん、少しだけ犬の臭いが残ってる気がします」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「ここの棚はペットフードを並べてたんでしょうね…そして玄関のドアは…鍵がかかってるのかな、開かない…ん?」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 僕たち一緒だ ここにいる

「…え?」

[この時点より、カメラからの映像は画面に向けて手を振る犬のアニメーションに変化した]ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「なにあれ?え?」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ どれだけ吠えても 飽きないぞ

「ちょっと、やめて。え?」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「ドア開かない!ねえ、開けてよ!ここ開けてって!」

僕らは イヌだぞ 元気だぞ 君は元気か? 不健康

「やだやだやだやだやだ!」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「窓、窓から…」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

[27秒沈黙]

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

「ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン」

ワンワンワン ワンワンワン ワンワンワワワン ワンワンワン

(以下、カメラからの映像と音声に変化はなく、バッテリーが切れたと思われる四時間後まで続いた)


うわああああああ!!!不気味なメッセージが隠されていました!
これらはSCP-070-JP-2の言葉だと思われますが、SCP-070-JP-2
一体何なのでしょうか?

考察:犬ではないなにかは何なのか?

メッセージを読んでみると、SCP-070-JP-2がイヌとして振舞っているという感じです。以降はSCP-070-JP-2を”犬ではないなにか” と呼称します。繰り返しの部分を除いて、メッセージを抜粋してみます。

寒さになんか 負けないぞ
お腹が減っても 負けないぞ
靭帯切れても 頑張るぞ
水の中でも 元気だぞ
両手はいらない 犬だもの
一日縄張り 監視中
寂しくないぞ みんないる
お腹が減っても 負けないぞ
泥棒猫は どこにいる?
わんわんらんどは 僕の家
イヌじゃないぞ 僕たちは
ご飯はいらない イヌだもの
元気じゃなくても 元気だぞ
僕たち一緒だ ここにいる
どれだけ吠えても 飽きないぞ
君は元気か? 不健康
まず、1回目の探査時のメッセージを読むと、”犬ではないなにか” は寒さや空腹に襲われていたことが窺えます。「靭帯切れても」というのは、何らかの暴行を受けていたということでしょうか?寒さ、空腹、暴行……、これらの言葉からは虐待という言葉が想起させられます。「水の中でも」という言葉は、虐待と併せて考えると、水を張って頭を沈める、いわゆる水責めと解釈できそうです。虐待事件でしつけと称してそのような水責めが行われることは、ニュースでしばしば耳にします。

これらを踏まえて考えると、”犬ではないなにか” は虐待されていた子供なのではないでしょうか?一人称が僕なので、性別は男児ということになります。

ペットショップなので虐待されていたのは男児ではなく、犬だと考えることもできますが、犬が日本語を使い、靭帯や健康という概念を見聞きして理解している可能性よりは、子供が靭帯や健康という概念を見聞きして理解している可能性の方が高いので、ここでは男児として考えます。誰の子供かというと、それは、おそらく犬専門ペットショップを経営していた男性の子供だと思われます。

“犬ではないなにか” になった理由

“犬ではないなにか” になった理由は、虐待に苦しんでいた男児が、傍らにいた犬達を見て、犬達の仲間になりたいと思ったのではないでしょうか。男性の子供が虐待されていたのだとすると、その子供は孤独であったと思われます。

また、他の可能性としては、飼育されていた犬達も虐待されており、同じ境遇の犬達に仲間意識が芽生えたのかもしれません。わが子に虐待するような人物であれば、飼育する犬たちにも同じことをした可能性が高いと思われます。

言葉の解釈

虐待された男児が、犬に似た”犬ではないなにか” になったと仮定して残りのメッセージを見てみると、「両手はいらない」については、犬のような四足歩行では、手としての機能は不要となるので、「両手はいらない」のだと思われます。また、「一日縄張り 監視中」とあるのは、犬のように縄張りを守るようになったということでしょう。

「寂しくないぞ みんないる」という言葉から考えると、飼育されていた犬達も”犬ではないなにか” になったのかもしれません。もしくは、跡地に侵入した人間を”犬ではないなにか”に変え、仲間にしていた可能性もあります。

2回目の探査時のメッセージを読むと、「泥棒猫」という言葉が出てきます。泥棒猫といえば、恋人や夫を奪われた女性が、奪った相手に投げかける決まり文句です。ペットショップを経営していた男性の妻が、夫を他の女性に奪われ、相手を罵倒しているのを男児が聞いたのかもしれません。そして、その女性問題が虐待の一因だった可能性もあります。そう考えると、母親が子供を虐待していたと思われます(父親と共に虐待していた可能性もあります)。

「イヌじゃないぞ」とあるのは、飼いならされているものを罵倒する意味で使われる犬ではないということでしょうか?単純に普通の犬とは違うということなのかもしれません。「ご飯はいらない」ようですし、「元気じゃなくても元気」のようです。「元気じゃない」というのは死んでいるという意味にも解釈できそうです。「わんわんらんどは 僕の家」というのは、そのままの意味で、「僕たち一緒だ ここにいる」というのは、仲間が共にいるということでしょう。

最後だけは「君は元気か? 不健康」と問いかけになっています。これは探査していたDクラス職員に対してのセリフで、人間は不健康だから、”犬ではないなにか” にして、元気にするよ、仲間にするよ、ということではないでしょうか?

メンテナンスハッチから侵入できる理由

ここまで”犬ではないなにか” を男性の子供として考えてきましたが、犬専門大型ペットショップの経営者の男性は、説明のところではSCP-070-JPとの関連は低いと考えられている。となっています。実は関係があったんだよ!と解釈することもできますが、そうではないように見えます。

根拠は薄いですが、一つその理由を思いついたので、それを書いてみます。

虐待していたのは母親なのではと書きました。その母親は「泥棒猫」に夫を奪われ、夫と別れます。そして子供を連れて、SCP-070-J-1につながる████県████市内の集合住宅に存在する、██████号室に移り住みます。元々子供は母親から虐待されていましたが、別れてからはさらに子供を虐待するようになり、最終的に子供を殺害。遺体をメンテナンスハッチに隠し、母親は転居した……。

経営者の男性とSCP-070-JPとの関連が低い理由はこのためなのではないでしょうか。子供は、虐待され、犬のように仲間と共になることを願っていたため、その思いにより、”犬ではないなにか”となり、「僕の家」であるわんわんらんどをペットショップ跡地と同じ座標に異空間として作り出し、結果としてメンテナンスハッチがそこに繋がるようになったのではないでしょうか?

そうだとすると非常に可哀想に思えてきますが、男児自身にとっては望みが叶って良かったといえるのかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?SCP-070-JPでした。オブジェクトクラスはSafeでしたが、”犬ではないなにか”が逃げ出したら、大変なことになりそうです。

ちなみにこのSCP-070-JPを題材にした、イヌの生活というTaleもあります。こちらは探査を行ったDクラス職員視点での話になっていました。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 
SCP-070-JP – わんわんらんどと犬ではないなにか
by broken_bone
ja.scp-wiki.net/scp-070-jp
この記事の内容は『クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承3.0ライセンス』に従います。

 

コメント

  1. 隠し文書には気づきませんでした。

    一点だけ。
    「ご飯要らない。イヌだもの」というのは、虐待されていたのであれば、食事を与えられていなかったのではないかと思います。
    そして、代わりにドッグフードを食べて飢えを凌いでいたのではないでしょうか。
    つまり
    「(人間としての)ご飯は要らない。(ドッグフードを食べるよ)イヌだもの」
    というのはどうかな、と。

    • コメントありがとうございます!
      なるほど!その部分は解釈に困っていたのですが、確かにそう解釈する方が自然ですね。
      可哀想ですが……。