『SCP-818-JP – えらいねぇ~』紹介&解説 なんでも褒めてくれる老夫婦

SCP紹介&内容整理

インタビューを読み進めるにつれて徐々に背筋が凍り付いていくホラー作品、SCP-818-JP – えらいねぇ~を紹介&解説します。

SCP-818-JPとは

SCP-818-JPとは、佐賀県█山にある50平方メートルの空き地内で発生する異常現象。オブジェクトクラスはKeter。空き地の中心には異常性のない高さ約1mほどの社が存在し、内部からはおよそ██個の加工を行った形跡が見られる未知の石片が発見されている。

これらの石片は何らかの物品が経年劣化や外的要因により崩壊したものであると推測されているが、劣化が非常に激しく、かつ石片の一部が喪失しているとみられ、本来の形を再現する試みは失敗している。

SCP-818-JP内の環境は積雪がある場合を除き、常に肉眼で土壌が観察できる状態で固定されている。

空き地で発生する異常現象がSCP-818-JPと指定されています。説明の続きの前に特別収容プロトコルを見てみます。

特別収容プロトコル

特別収容プロトコルは以下のようになっている。

SCP-818-JPの影響範囲内とその周囲300mは高さ4mの有刺鉄線付きのブロック塀によって隔離されています。塀の周囲は3名の警備員に偽装した、遠隔操作による殺傷が可能な首輪を装備した非武装のDクラス職員による巡回を行い、一般人の侵入の阻害を行ってください。巡回役のDクラス職員には小型の撮影機器を装備させ、その映像を少なくとも10分以上の遅延を発生させた複製を用いて財団職員による監視を行ってください。万が一巡回中にSCP-818-JP-1の声や姿が確認された場合は速やかにSCP-818-JP担当研究チームへ報告を行ってください。
SCP-818-JP-1に暴露した人間は全て地下サイト-81██の収容施設へと収容し、備えられた焼却装置を用いて終了処分してください。この業務には必ずDクラス職員を用いて行い、業務の指示を行う際は必ず3名以上のDクラス職員を介した伝達により行われます。被害者へ何らかのインタビューが必要な場合も同様に3名以上のDクラス職員を介して行ってください

SCP-818-JPの影響範囲の監視と隔離をDクラス職員を介して行なっていますね。また暴露した人間は全て焼却装置を用いて終了処分されることとなっています。こちらもDクラス職員を介して行なわれるようです。再び説明の続きを読んでいきます。

SCP-818-JPは敷地内で人間(以下被害者と表記)が現代の日本国内で一般的に善行・礼儀正しいといわれる行為(以下出現条件と表記)を行うことで発生し、出現条件を満たした人間の周囲に、SCP-818-JP-1が出現する。

SCP-818-JP-1は外見上およそ70代の老夫婦のように見える人型実体の総称で、男性型がSCP-818-JP-A、女性型がSCP-818-JP-Bと指定されている。

こちらの画像ですね。

出現したSCP-818-JP-1は被害者の行動に対して賛美の言葉を述べ始める。賛美の言葉はひどく大げさなもので被害者の行動を全肯定する内容であり、「えらい」といった言葉が多く使用される。

この言葉は文法上や単語の意味的に使用が適切でない場合も使用され、その点を指摘した場合も訂正を行わないことから「えらい」という言葉に何らかの執着があると推測されている。

タイトルのえらいねぇ~はここから来ているようです。褒めてもらえるだけなら良いのですが……。

SCP-818-JP-Bが比較的通常通りに会話を行うことができる一方、SCP-818-JP-Aは被害者に対する賛辞の言葉と短い単語のみで会話を行う。ただし、SCP-818-JP-Bの言動も非常に不安定なものであり、しばしば会話の食い違いが発生する。初回の遭遇では、ある程度被害者への賛美の言葉を述べた後SCP-818-JP-1はその場から消失する。

一度SCP-818-JP-1と遭遇した被害者はSCP-818-JPの影響範囲外で条件を満たした場合も、SCP-818-JP-1と遭遇し賛美の言葉を受けるようになる。この行為による被害者への影響はSCP-818-JP-1との遭遇から数えた日数の経過により変化し、個人差があるものの遭遇回数が多ければ多いほど、より早く影響が進行する。

確認されている限り影響が最終段階まで到達するために必要な期間は、最短4日から最長20日。記憶処理を行うことにより、被害者をSCP-818-JPの影響から一時的に脱させることが可能だが、SCP-818-JP-1の出現頻度の増加は不可逆であり、ごく短い時間で元の影響進度まで戻る。

SCP-818-JPの影響は徐々に強くなり記憶処理でも元には戻らなくなるようです。

SCP-818-JPの影響進度の目安は以下の通り。

影響初期
被害者は他者から褒められるという行為に強い達成感を覚えるようになり、積極的にSCP-818-JP-1の出現条件を満たし始める。また、しばしば被害者の性格がより明るく前向きなものへと変化することが確認される。これはSCP-818-JP-1の影響ではなく、行動を肯定されたことによる自信の向上が原因だと推測されている。

最初はポジティブな影響が観察されていますが……。

影響中期
SCP-818-JP-1の出現条件が簡易なものへと変化し始める。同時期に被害者は徐々にSCP-818-JP-1以外の人間からかけられた感謝・賛美の言葉を自身に対する嫌味・皮肉と感じ取るようになり、結果として他者との衝突を引き起こす。この衝突はしばしば器物破損・暴行・殺人などの事件を引き起こす原因となる。

やはり悪影響が出てきます。

影響後期
SCP-818-JP-1の出現条件が「日本語が話せる」「上手に歩ける」「元気に生まれることができた」などの、出現条件の回避が不可能なものにまで低下する。その結果、SCP-818-JP-1の出現条件が常に達成されることになり、SCP-818-JP-1が被害者の周囲に存在し続けるようになる。被害者自身もSCP-818-JP-1に深く依存し、SCP-818-JP-1の言動のみに反応するようになる。この段階の被害者は食事や睡眠といった生命維持に必要な活動を行わずに生存することが可能。

最終的には普通に生活できなくなるという有害な結果が待っていました。SCP-818-JP-1が常に存在するようになり、依存が進行。ついには生命としての理からも外れてしまいます。

全ての段階において出現するSCP-818-JP-1は他の人間にも観察可能だが、通常被害者以外の人物に対して反応を示さない。

ただし、SCP-818-JP-1及び被害者の知覚内で出現条件を満たすことで、SCP-818-JPの影響範囲内で出現条件を満たした場合と同様にSCP-818-JP-1が出現する。

SCP-818-JP-1及び被害者の知覚内で褒められることをした人物も被害者となり、被害が拡大する危険があるようです。

この時の出現条件は被害者の影響時期に左右されるため、最終的には影響終期の被害者に接近するのみで出現条件が満たされてしまう状況になる。

影響終期では何でも褒められるようになるため、被害者への接近のみで被害者となってしまうようです。

また、影響中期以降の被害者の殺害はSCP-818-JP-1の出現条件に抵触するため、被害者の早期回収・早期処分が必要とされる。

おそらく殺害も褒められることとしてカウントされるのでしょう。

SCP-818-JP-1に対する攻撃はSCP-818-JP-1の一時的な撃退以上の成果が見込めず、尚且つSCP-818-JP-1の出現条件を満たす可能性が存在するため、SCP-818-JP-1に対する攻撃は推奨されない。

こちらも攻撃自体が褒められてしまうということのようです。実験記録を見てみます。

実験記録

日付: 20██/8/20
対象: D-81801
目的: SCP-818-JP-1への暴露とその経過記録


D-81801に対してSCP-818-JP敷地内のゴミ拾いを行わせた。

D-81801: 見た感じゴミなんて落ちてなさそうだけどよ・・・、これでいいのか。

D-81801がペットボトルの蓋を拾い上げる

██研究員: それを支給したごみ袋の中に投入してください

(D-81801がペットボトルの蓋をゴミ袋の中へ投入した。その直後D-81801の背後にSCP-818-JP-1が出現した。)

SCP-818-JP-1: えらいねぇ~。

D-81801: うお!?

SCP-818-JP-A: ゴミ、えらいねぇ~。拾って。

D-81801: あんたら、いつの間にそこに?

SCP-818-JP-B: 今時ゴミ拾いするなんて、若いのに本当にえらいねぇ~。

D-81801: あー・・・あれは。

(職員からD-81801に自身の意思でゴミを拾ったとの発言をするよう指示がなされる。)

D-81801: いや・・・まぁ、当然のことだからな。

SCP-818-JP-B: いえいえ、それができる人がえらい人よ、ねぇおじいさん。

SCP-818-JP-A: とてもえらいねぇ~。

D-81801: ははは、なんか照れるな。誰かに褒められるなんて久しぶりだ。

(その後、約5分間にわたりSCP-818-JP-1がD-81801へ称賛の言葉をかけ続けた。)

SCP-818-JP-B: これからも続けてね、そろそろ行きましょうかおじいさん。

SCP-818-JP-A: うん、うんうん。

D-81801: おう、じゃあな。爺さん婆さん。

SCP-818-JP-B: ふふふ、挨拶もちゃんとできてえらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: お仕事、えらいねぇ~。


SCP-818-JP-1はD-81801の視界外まで移動したのちに消失した。

SCP-818-JP-Aが「お仕事」という単語を発したことからD-81801が業務の一環としてSCP-818-JP-1と遭遇したこと、もしくは財団職員が通信機器を通じてD-81801に指示を行っていたことのいずれかを何らかの方法で察知していた可能性がある。

Dクラス職員をSCP-818-JP-1へ暴露させる実験でした。会話の様子はほのぼのとした日常のワンシーンといった感じです。

観察記録

日付: 20██/9/10
対象: D-81801
D-81801がSCP-818-JP-1と接触して約1か月後、地下サイト-81██隔離室内の記録映像。もはやSCP-818-JP-1は消失することなく常にD-81801に対して賛美の言葉を投げかけ続けている。


SCP-818-JP-B: ちゃんと大人しくできていて、えらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: えらいねぇ~、えらい。

D-81801: へへっ、そうやって褒めてくれるのはあんた達だけだよ。

SCP-818-JP-B: それはとても不思議なお話ね。

D-81801: そうなんだよ、誰も俺の手柄を認めないんだ。それどころか逆にどいつもこいつも俺のことを馬鹿にしてくる、「はいはい、わかったわかった、偉い偉い」って感じでな。

SCP-818-JP-B: それはおかしな事ね?私達が褒めているのに。

SCP-818-JP-A: 私達、知っている。

SCP-818-JP-B: そうねぇ、だってあなたは日本語が話せてえらくて、目がしっかり見えてえらくて、呼吸ができるえらい子だものね。

SCP-818-JP-A: 人、殺してえらいねぇ~、上手。

SCP-818-JP-B: Dクラスになれてえらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: 心臓、動いたえらいねぇ~。

SCP-818-JP-B: 生まれてきてえらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: えらいねぇ~、えらいねぇ~。

SCP-818-JP-B: ちゃんとお仕事出来て、えらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: お仕事、えらいねぇ~。


その後の終了処分によりD-81801が死亡するまで、SCP-818-JP-1の賛美の言葉は継続していました。収容から終了処分までの間、D-81801は食事や睡眠を行いませんでしたが問題なく生存していました。

また、SCP-818-JP-Bの「ちゃんとお仕事出来て、えらいねぇ~」の発言の直後、D-81801およびSCP-818-JP-1を観察・監視していた財団職員█名の周囲にSCP-818-JP-1が出現しました。以前の観察・監視ではSCP-818-JP-1の出現は確認されなかったため、何らかの形でSCP-818-JP-1の知覚範囲が拡大している、もしくは被害者のSCP-818-JPに対する暴露の進行状況で一時的に知覚範囲が拡大している可能性があります。後の実験で、被害者のSCP-818-JP-1との遭遇が後期になることによって、映像・音声を通じてSCP-818-JP-1の出現条件が満たされることが判明しました。複製された記録の視聴ではSCP-818-JP-1の出現は確認されませんでした。

影響後期の様子が書かれていますが、なにもしていない状態のことから、果ては殺人に至るまで褒められていて異様さが際立っています。褒められすぎていて逆に恐ろしい……。

さらに映像・音声を通じてもSCP-818-JP-1の出現条件が満たされることが明らかになりました。D-81801およびSCP-818-JP-1を観察・監視していた財団職員█名が犠牲になっています。

特別収容プロトコルでSCP-818-JPの監視に10分以上の遅延を発生させていたのは、暴露の拡大を防ぐためでした。

インタビュー記録

それではここからはインタビュー記録を見てみます。

日付: 20██/9/13
インタビュアー: ██研究員
インタビュー対象: SCP-818-JP-1
██研究員は偶発的な事故によりSCP-818-JPへ暴露し、既に影響初期まで影響が進行しています。そのため、終了処分前に自身が直接SCP-818-JP-1へインタビューを行うことを希望しました。
通信機器を通じた他の職員へのSCP-818-JP暴露を防ぐために、インタビューはSCP-818-JPの影響範囲内で通信機能のない記録機器を用いて行われました。


記録開始

(██研究員がSCP-818-JP内にある社に賽銭および礼拝を行う。直後にSCP-818-JP-1が██研究員の背後に出現した。)

SCP-818-JP-A: お参りえらいねぇ~。

SCP-818-JP-B: 今日もお仕事頑張っていてえらいねぇ~。

██研究員: ありがとうございます。今日はいくつかあなた方に質問を行いたいのですが構いませんか?

SCP-818-JP-B: あら?何かしら?

██研究員: あなた方はいつからここに?

SCP-818-JP-A: いつも。

SCP-818-JP-B: そうねぇ昔からいるわね、おじいさん。

██研究員: 具体的に何時からここにいるのかは覚えていませんか?

SCP-818-JP-B: 私達が偉い時からよ。でも帰ってきたばっかりよ。

██研究員: 一体どこから帰ってきたのですか?

(直後、SCP-818-JP-Aが不意に泣き出し始める。SCP-818-JP-Bがそれに寄り添い、SCP-818-JP-Aが落ち着くまでの約10分間会話が中断される。)

██研究員: 落ち着きましたか?インタビューを再開しても構わないでしょうか?

SCP-818-JP-A: 茶色黄色白い、狭い柔らかい部屋、ゴミ箱で、他にも沢山いた。

██研究員: はい?ああ、話の続きですね、どうぞ。

SCP-818-JP-B: 毎日毎日、意味のない歌をうたわされて、他の人達と無理やり仲良くするように言われて、私達の役目は終わったと嘘をいわれたわ、そんなことはあり得ないのに。

SCP-818-JP-A: 何度も同じところ歩いた。不味いもの食べた。熱いお湯かけられた。あいつらはいつも私達を見下していた。そして私達を褒めた。私達を褒めた。私達を褒め続けた。笑っていた。

SCP-818-JP-A: 褒めるのは私達であるべきだ。だから戻ってきた。

SCP-818-JP-B: お役目のためにね。

██研究員: 役目とは?

SCP-818-JP-B: あなた達には私達が必要でしょう?

SCP-818-JP-A: いないと、困るよね?

██研究員: いや、まぁ・・・話を戻します。何故あなた達は人間を褒めるのですか?

SCP-818-JP-B: もちろん、えらいことだからですよ。

SCP-818-JP-A: 良い子、えらいねぇ~。

██研究員: そうだとしてもあまりにも褒める基準が甘くなり過ぎなのではないでしょうか?

SCP-818-JP-B: えらいことに大きいことも小さいこともなくて、良いことも悪いこともないわ。それに褒められて、嬉しくない人はいないでしょう?みんな喜んでくれるわ。

██研究員: そうですか、では何故あなた達は褒めるという行為を通して人間に悪影響を与えるのですか?。

(SCP-818-JP-1の笑い声)

SCP-818-JP-B: みんな幸せでしょうに。

██研究員: まぁ、そう見えなくもありませんが、少なくとも普通の生活を送ることは不可能な状態です。

SCP-818-JP-B: ええ、本当に幸せそうねぇ。私達に褒められて。

SCP-818-JP-A: 幸せに違いないだろうな。

██研究員: 何故あなた方に褒められることが幸せだと考えるのですか?

SCP-818-JP-A: 真似事じゃないから。

SCP-818-JP-B: そうねぇ、私達が偉いからよねおじいさん。

██研究員: それは一体どういう意味ですか?

SCP-818-JP-A: 質問できてえらいね~。

SCP-818-JP-B: 私達が偉いから褒めるのよ。私達が認めてあげているのよ。

SCP-818-JP-A: 嬉しいだろ?

SCP-818-JP-B: そうねぇ、おじいさん、褒められて嬉しいのは私達が偉いからなのよ。私達は本物なの、だから私達に褒められると嬉しいの。

██研究員: はぁ・・・では、何故あなた達が偉い存在であるのか理由を教えてください。

SCP-818-JP-B: もちろん昔からそう決まっていたからよ。みんなみんなそう言っていたわ。だって私達は偉いのよ。

SCP-818-JP-A: 褒める事は、褒められる事より偉い。

SCP-818-JP-B: そうねおじいさん、その通りですね。あの部屋の人達もそうしていたわ。それに、私達が褒めるとみんな喜ぶのよ。それが証拠よ。ほらね、私達は偉いでしょう?

██研究員: ・・・ええ、あなた方の偉さは十分に伝わりました。では、次の質問ですが・・・。

SCP-818-JP-A: ねぇ。

██研究員: 何でしょうか?

SCP-818-JP-A: きっと多分、世界を守ることは、一番えらいことだ。

SCP-818-JP-B: 間違いないわおじいさん、それはきっと一番えらいことよ、えらいねぇ~。

SCP-818-JP-A: だが君達は決して正義ではない。君達が世界を守るために時には善行とかけ離れた行いをすることを私達は知っている。

SCP-818-JP-B:信念に則り他者の正義を押しのけ、必要であれば多くの犠牲も許容する事も知ってるわ。それで可哀想な目に合っている子達もいるでしょうね。

SCP-818-JP-A: だが、その行いがずっとえらいことだということを私達は理解しているよ。

SCP-818-JP-B: あなた達がその信念に則って、私達に何かをしようと考えていることも知っているわ。そしてそれはとてもえらいことよ。

SCP-818-JP-A: 私達は君達を認めるよ。それが私達の役割だ。

SCP-818-JP-1: だけど忘れてはいけないよ。

SCP-818-JP-1: 私達の方がずっと偉い。

SCP-818-JP-1: 私達より偉いものは存在しない。

SCP-818-JP-1: 私達が一番偉くて偉くて偉くて偉くて偉くて偉くて偉いんだ。

SCP-818-JP-1: 君達には褒められる義務がある。それから逃げちゃいけないよ?だって偉いのは私達なのだから。

SCP-818-JP-A: これからも頑張ってね。

SCP-818-JP-B: 私達のために、褒められるために、この世界を守ってね。

SCP-818-JP-A: それはとってもえらいことだよ。

██研究員: わかりました。これからも私達は世界を守るために十全の努力をしていくことを約束します。

SCP-818-JP-A: えらいねぇ~。

SCP-818-JP-B: 本当にえらいねぇ~、そのうち他の子達も褒めなきゃいけないわね、おじいさん。

SCP-818-JP-A: うん、みんな。

██研究員: ええ、きっと皆さん喜びますよ。

SCP-818-JP-A: えらい子沢山、えらいねぇ~。昔のようにえらい・・・。

SCP-818-JP-B: 本当にそうね、しばらく留守にしたせいで今はボロになってしまったけど、すぐに昔みたいに立派になるわよ。だって私たちは偉いんだもの。

SCP-818-JP-A: みんなきっと、戻ってくるさ。

SCP-818-JP-B: ええ・・・そうなると良いわね、おじいさん。・・・・・・・・・みんなって一体誰のことだったかしら、おじいさん?

SCP-818-JP-A: ・・・・・・・・・さあ?

(その後20分間、重要でない会話を行い、SCP-818-JP-1は消失した。本来予定されていたインタビュー内容が残っていたのにも関わらず、██研究員がSCP-818-JP-1を引き留める様子は見られなかった。)

記録終了


インタビュー終了後、██研究員は影響中期まで影響が進行していることが確認されたため、記録機器が回収された後に終了処分を受けた。インタビューの内容からしてSCP-818-JP-1は以前、病院もしくは老人養護施設に類似した機能を持つ施設に在籍していたのではないかと推測されている。また、インタビューの途中から明らかにSCP-818-JP-Aの発言内容が単純な称賛の言葉や短い単語のみでなく、SCP-818-JP-Bと同等の言動を行っている様子が確認されていました、このような変化を引き起こした要因は現在不明のまま。

SCP-818-JP-Bの発言から、財団に所属していること自体がSCP-818-JP-1の出現条件に新たに追加された可能性が存在するため、SCP-818-JPに関する業務は全てDクラス職員を用いて行われることが決定されました。


追記20██/10/6 :現在、SCP-818-JPの近隣の収容サイトで業務を行っていた複数の財団職員より、業務中に「えらいねぇ~」という言葉を聞いたと報告が行われました、また、その内一名は男性の声で「えらいなぁ~」という言葉を聞いたと報告しています。現在のところSCP-818-JP-1の出現が確認された例は存在しませんが、SCP-818-JP-1の影響範囲の拡大、SCP-818-JP-Aの能動的な活動が行われているなどの可能性が示唆されています。

これらの現象についてはまだ十分な情報が集まっておらず、引き続き調査が行われています。また、Dクラス職員によるSCP-818-JP隔離防護塀周囲の巡回を行わせることでSCP-818-JPの影響範囲の拡大が行われていないか常時検査が行われることが決定しました。

SCP-818-JPに暴露した██研究員によるインタビューでした。

このインタビューにより褒める理由が明らかになりましたが、通常の褒めるという概念とは異なる逆転した考え方が怖いです。SCP-818-JP-1は行動が偉いがゆえに褒めている訳ではなく、自分達が偉いがゆえに褒めているのでした。

褒めることは褒められることよりも偉いとSCP-818-JP-1は発言していましたが、褒めることで自分達の偉さを再確認していたようです。

褒められた被害者の変化については、私達に褒められて幸せそうだと言い、それが私達の偉さの根拠だとしています。

SCP-818-JP-1の正体

SCP-818-JP-1の正体は、影響範囲の土地の中心にある社で祀られていたその土地の神だったのではないかと思われます。かつては篤く信仰されていたのかもしれません。

しかし、いつしか人々からは忘れ去られ、役目を終えたSCP-818-JP-1はいわゆる老人ホームのような場所に入り世話をされていたと思われます。話の様子から推測すると認知症のような症状があり記憶もあいまいなようです。そして、その施設で褒められ続けるうちに、褒めることは褒められることよりも偉いと考えるようになったと思われます。

そこでの生活が嫌になり抜け出してきたものの、記憶を失い、人々から忘れ去られていたSCP-818-JP-1が、かつて崇め奉る対象であった偉い存在となるための手段。それが相手を褒めることだったようです。

インタビューの最後には財団への言及があり、異常存在から人類を守るという財団の活動目的を理解しており財団職員であることも褒められる可能性があることから、SCP-818-JPに関する業務は全てDクラス職員を用いることになった模様です。

そのうち他の子達も褒めるという言葉がありましたが、実際にも影響範囲の拡大、能動的な活動とも捉えられる事が起きており、現在の特別収容プロトコルとなったようです。収容できておらず被害者が人口密集地から出れば暴露が拡大し、対処した職員も犠牲になることからKeter指定となっているようです。

財団は収容し続けられるのでしょうか……?

おわりに

SCP-818-JP – えらいねぇ~でした。インタビューの内容が怖かったです。今回の記事の内容はディスカッションページの作者のコメント内容を参考にしました。

ちなみにSCP-818-JP の文章はディスカッションページによると「他者を褒めている時」はえらいねぇ~「自身を褒めている時」は偉いと変換しているそうです。これはえらいは偽物で私たちの偉さは本物ということを表しているそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

SCP-818-JP – えらいねぇ~
by HURUMOTO65
http://ja.scp-wiki.net/scp-818-jp
このブログエントリーの内容は『クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承3.0ライセンス』に従います。

コメント